2018年11月01日

相手のミス

よくルールは知らないのですが、テニスを見てると、相手のミスで自分に得点がはいりますね。
なんだかなー、って思います。
ルールは変わるので今は知らないのですが、例えばバレーボールではサーブ権の有る方が決めるとやっと点が入ります。
相手にサーブ権があってアタックが決まったとしてもそれはこちらにサーブ権が変わるだけ。
これで慣れているせいか、相手のミスで「やった!」って有償した瞬間のテニスがなんだかださく見えるのです。
テニスファンの方、ごめんなさい。

そしてもっと分からないのが、テニスのサーブでネットにひっかっかった時。
あれは誰の点数にもならないんですね。
何回もやるとなるみたいですが。。。
そこもよく分からず見ています。
見るな??・・・そうなんです、本当は見たくないんですけどね、家族が見てるのでつい。

そこに錦織圭君が出ても興味ないのに笑・・・・見てはこうして分からない事をブログでなげかけております。
家族に聞けばいいのに・・・爆笑
相手のミスで点数が入るスポーツは他にもあるのでしょうけど、
これほどよく分からないスポーツはありません。
よって誰が買ってもあまり感動しない。
本当にすみません。

もっと面白いものなら見るのかもですが、見てて面白いスポーツって思い浮かばないのです。

2018年10月01日

ノーベル食事

ノーベル賞の受賞が行われるストックホルムに行くことになりました。
食事とかホテルとか、なんでも物価が高くて有名なのですが、そこを除けば楽しみです。
なんでもどこでもそうか、。。

何が楽しみかって、見どころが満載。
そして自然がいっぱい。
寒そうなのが玉に傷ですかね。
たくさん着ていくのと、お酒でも飲んで温まっていることにします。

ノーベル博物館というのがあって、そこではノーベル賞受賞式で出される食事と同じものが食べられるとか。
だからってそれが美味しいかどうかは知らないけど、とにかく食べる事ができるらしい。

他にも、景色を売りにしてるレストランなど、、、景色重視みたい。
なんたってそれを楽しみにしてるし、外は寒いからそういう素敵なところから眺めるなんてのもいいですがね。
問題はお値段か。。
ニシンが有名みたいですね、スウェーデン全体でそうなのかな。

いろいろな、スウェーデン在住の人や観光客の口コミがあるんですけど、
なんだか一貫してない、、結局どこがいいんだろう?

一貫してるとしたら(?)代表的な食べものはミートボール、
そのミートボールにはジャムをつけて食べるらしい、うげーーー!なんか美味しくなさそーー。
デモ代表的な者なら、、、食べてみないと、、、ってかーー?

2018年09月01日

ニッポン?orジャパン?

どうして日本のことをジャパンっていうの?って質問がありました。
うーん、、、それは、、、どうなんだろう。

簡単な答えは、日本の典型的な名前は日本ですが、
他の言語では他の名前があります。

「日本」という名前は、通常「Cipan」と表記されていた中国のマンダリンまたは呉の名前に由来すると思われるわけです。
ヨーロッパの探検家は、日本と比べて中国と交流する傾向が強くて、
地理的にもその名前を使用していました。
時間の経過とともに、 "Cipan"は "ヨーロッパ"諸国で使われている "日本"に変形しています。

マンダリンの名前がどこから来たのかは言うのが難しいですねー。
隣人が自分のために持っているよりも国や人に異なる名前を付けるのは、とても一般的です。
特殊なケースでは、中国で使用されていた名前が、
日本で使用されていたものよりも広く普及しました。

マンダリンからきてるので、そういうことは私に聞くのではなくて
中国人に聞いてくださーい笑
難しい事はわかりませーん。

2018年08月01日

通訳という仕事

通訳という仕事は、言葉を知っていたら出来るというものではないです。
日本人だから日本の説明がなんでも出来るとは限らない、
これと理屈は同じですね、国の背景や、ときにはスラングなんかも知らないといけない。

映画「インタープリター」を見ました。
ニコール・キッドマンが出てる映画です。

最初はサッカー場で子供に大人の男性2日知が殺されるシーンから始まるんだけど、
次に、大きな建物と行きかう車。上からのなめるような映像に、聞きなれない
言葉が飛び交うシーンになります。

国連会議室です。

『民主主義』『主権国家』『一国が世界の平和を脅かす』
会議場を見下ろすように、通訳ブーズが並んでいて、あれもセットなのか本当なのか、、ってところ。

言語はいろいろと変わり、ゆっくりと丁寧な口調の英語になったとき、ブースのなかで金髪に
ヘッドフォン姿のシルビア(ニコール・キッドマン)の口の動きと同調していくんです、

でましたーー、インタープリター(通訳)!!

格好いい。

さて通訳という仕事ですが、ニコール・キッドマンのように格好いいものではないらしく、
事前調査もたくさんあってかなり大変、まーお給料もいいでしょうし、
仕方ないのですが。

常に言語の世界にいるので疲れるらしいです、だって世の中は言語で出来てますもんね。

あなたは通訳者になってみたいですか??

2018年07月01日

それはないでしょ。

アメリカの航空会社でまたも(?)ありました。
乗客がペットの犬を連れていて(ここもどうかと思うが)、
それを頭上のロッカーに(スーツケースのまま)入れろと言ったとかです。

えーー?って思うけど、飛行機が目的地についた時には犬は死んでいたとか・
酸素付属だったのでは、ということですが、
生きてるものをあの上のロッカーに押し込めるなんて。。。。そもそもここが可哀想。

キャビンアテンダントは、犬がスーツケースに入っていたのは知らなかったとしていますけど、
乗り合わせた乗客は
「あのお客はペットが入っていることを言っていた。
そのうえでロッカーに入れろと指示していた」
と証言しています。

どちらにしても、ペットはもう行きカエラらないのです、かわいそうに。。

しっかし、、、いろいろな事がありますね。
以前も孔雀(だったと思う)を機内に持ち込もうとして怒られた、とかありました。
(どうなったのか記憶がありません)

生きたものを運ぶのって大変ですよね、国内移動とはいえ、
飛行機に乗せるのにはルールがあると思います。

怖いですね、ペットは機内に持ち込むのはやめましょう。

2018年06月01日

旅支度

どこかに旅行へ行くとなったら、行き先とか、飛行機の便名とかを
信用のおかえる人にメールしておきます。
もし飛行機落ちて死んだら・・とか考えてしまうから。
なにごともなく無事に帰りたいですけど、なにがあるか分からないもんね。

いつもは「分かったー!いってらっしゃーい」って来るのに、
先日は「この便、、大丈夫?」でした。

経由する国が危ない、って、、笑
でもね、空港だけですから。
その国に入って観光とかしない、でも不安にさせてしまったらしい。
心配してくれるなんて優しいでしょ?

もちろん空港といえど気を引き締めています。
空港こそ危ない場合だってあるしね。

数時間そこで過ごしてまた飛行機に乗ったら安心かって、、、、いえいえ、
”落ちるかもしれないじゃん!!”
なので、いつでも気を引き締めている、、、つもり。

飛行機だけじゃないですよね、日本の新幹線だって、普通の電車だって時々大きな事故があります。
いつ自分がまきこまれるかなんてわからないのだ。

だから、とにかく行き先などは告げておいて、対処できるように。
対処って何??って感じですが。。
死んだって(!)ことが最低限すぐに分かるようにしておきたいのです。

大事でしょ?

2018年05月01日

メリーさん

映画にもなったとかですが、横浜のメリーさんって人がいます。
もう亡くなっているそうです。

メリーさんとは、“舞台化粧のような白塗り&全身白いドレス姿“で
横浜の街に立っていた伝説の娼婦です。

メリーさんは、ほとんど自分のことを語らなかったそうで。
また、語ってもつじつまが合わないことが多く、
「一体何が真実かわからなかった」ようだ。
そのため、人々はそれぞれメリーさんの過去を想像し、
伝説が作り上げられていったのかもしれない。

メリーさんは1921(大正10)年、岡山県の農家に女4人、男4人のきょうだいの長女として生まれた。
地元の小学校高等科を卒業後、貧しかったため中学校ではなく
青年学校(小学校を卒業した勤労青少年に実業教育・普通教育・軍事教育を行う学校)に進学。
卒業後は地元で女中奉公のようなことをしていました。

「天使はブルースを歌う(山崎洋子著)」によると、
上京したのは1949(昭和24)年。

「将校のオンリーさん(専属の愛人)」だった」
「ホテルで客引きをしていた」などの話が掲載されています。

メリーさん、この人のことにとても興味があります。
映画もみるぞーー。

2018年04月01日

ヨガのポーズ

ヨガのポーズで、どうしてこんなことが出来るのーー?っていう形がありますね。
いつかあんなふうにポーズとってみたい、とも思う。
でも、積み重ねなんですよね、あれって。
なんでもそうですけど。

でもって、やってみたーい、とはいうけど、実行しない人。
やっていかなくちゃ、m数年後、数十年後(!)に、そのポーズは出来るようになれないよ。
なにごとも続けることが大事なのです。
そこ、分かってる??

とうことで、私は毎日続けています。
5分でもいい、続けることでその目的に近づいていくのです。
これをしないで、来年もまた今年と同じだなんて嫌ですから。

ヨガに限らず、ですけどね。
人生はそんなもんじゃないですか、苦しいことを繰り返していくのが人生。
良い事の方が少ない。
でも、その良い事、というのが分かるのは、苦しい事があるから。
そうでしょ?
努力は報われると思います。
がんばろーー!

2018年03月01日

オバマさんの奥様

オバマさんの奥様のミシェル・オバマさんは大変アメリカで人気な方です。

「ミシェル夫人は私にとって、世界を照らす光源であり、
人生のインスピレーションでもある」
と語るアマンダさんという人がいました。

アフリカのリベリア共和国にあるコーフィールド・シニア・ハイスクールってところで撮影されたものを横にしながらおっしゃったそうです。

その学校でミシェル夫人、女優のフリーダ・ピント、それにリベリア共和国の大統領でアフリカ初の女性大統領、エレン・ジョンソン・サーリーフの3人は特別講義を行ったそうです。

すごい顔ぶれですね・・・。

その学校には照明がなくて、嵐の影響もあって学校内は暗かったけれど
希望に満ちた学生たちの眼差しで自然と教室が明るくなっていたとアマンダさんは言っていました。

このアマンダさんだけじゃなくて色々な人が見シャルさんを支持していますね。
いまやオバマさん(元大統領)より有名人かも?

そんなミシェル・オバマさん、
これからも目が離せませんね。

2018年02月01日

マツコ、正しい

最近の、芸能界(だけじゃない??)の不倫の話題について、
マツコが言ってくれましたね。


基本的に人間は悪口が楽しい。
ちょっと叩きすぎだよと思う」とマツコ。

「悪口を陰で言い合って楽しませてもらってるから『ありがとう』で終わりにしておけばいいのに、
その人の人生を終わらせてしまうくらい根こそぎやっちゃうじゃない? 
だから悪口を楽しんでいるんじゃなくて人殺しを楽しんでいるようになっちゃってる」

と私見を語っていました。

まったくそのとおりだと思うのです。

ふかわりょうさんがネットへ投稿されるようになったからではと水を向けられると
「それプラス、陰口の内容も、あそこに(自分たち)女装の楽屋で飛び交っているような
“オシャレ文言”はないわよね。
陰口叩くにしても、もうちょっとおしゃれになって欲しい」

と話していた、、、アッパレですねーー。

さすがマツコ、とでもいえばいいのか。
今のこんな時代はすぐになんでも広まって、
それはいいことはなく、誹謗中傷ですね。

これ自体がおかしいと思うのです。
マツコ、さすがです!!けっこう好きだな、あの人。。

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.38