2019年03月01日

寝袋

人の家にお泊りに行く時に寝袋を持参した事があります。
寝具がないってことで、でも止める事は全く問題ないどころか
「待ってる!」
って言われて・・・汗
布団がなくて泊まるには、ソファにブランケットとかが必要ですが、それもなさそうでした。
なので残るは、、、寝袋!

ってことで寝袋が当時はあったのでそれを持参して泊まりました。
今は誰かにあげてしまってないのですが、実はまた必要になって、
いくらくらいであるのかなーって調べているところです。

マミー型と呼ばれるコンパクトなものを探しています。
金額は、、、もちろん安いのがいいけど、でも寒いのは嫌なので、
夏や春仕様ですけど比較的暖かく出来ているもの、が理想。
最近こういうの見てないのでさっぱり分かってません。
昔は2000円くらいであったけどなー。

ちらっと見ると、桁が違うねー泣
そんなブランドものとかすごくいいものじゃなくてもいいんだけどねー。
3000円台ではありましたーー、2000円なんて今はないんだねー。。
ホテルに泊まる事を考えたら安いけど、一回で使わなくなるかもってことを考えると
、、ちょっと考えてしまうかなー。。。
もう少し悩んでみますー。

2019年02月01日

人助け

道で、車がエンコしちゃった人がいました。
女性でした。
なので止まってあげて助けてあげたのですが、車の事は分からないので、
他にも止まってくれた男性がいたのでそれで事なきを得たって感じ。

でも最初に声をかけてあげて、それがとっても嬉しかったようです。
よかったーー。
(なにも役にはたたなかったけど・・・)
車が故障してしまうと不安ですもんね、もちろん事故も同じ。
誰でもいいからそばにいてあげると嬉しいものなのだ。
これからも困ってる人がいたら声をかけてあげよう!
(なにもできないからね・・・)

病気の人も、もしいてもなんお役にもたちません、看護師でもなんでもないし、、
でも、それでも助けてあげたいって気持ちにはなります。
自分もそんな時は「おい、誰か声かけてくれよ」って、、なりません?
同じことです。

菜のもできなくてもいいのです(いいのか??)、声かけてあげましょうよ。
そういう親切は、必ず自分のところにもかえってきますよ~笑
(そのためにするんじゃないけどね”!)。

2019年01月01日

独身半分

あけましておめでとうございます。
今年も良い年でありますように。

ところで、2035年には、日本の人口の半分が独身になる可能性があるんですって。
将来、孤独死なんてのが増えていくんでしょうか。。

婚活が流行っているのにはワケがあるのかも。。
あまりあういうものに興味なかったけど、そういう意味では独身諸君に「頑張れ」って言ってもいい信条です。
だって、孤独でいたいのなら別だけど、そうじゃなくて将来ひとりなんて悲しい。

お見合い文化が亡くなってきたことも1つの原因なんですって。
お見合いと婚活は似てるようで違う。
誰かと誰かをくつけようなんてオバハンもいなくなってきたましたもんね。
昔は時々そういうおせっかいがいたものです。

今は違う意味のおせっかい会社が多くて、そこに行きまくってる人もいっぱいいる、、、
それでも結婚出来ないのは、、、選んでいるんだろうか、、
よくわかりません。

皆がシアワセになってくれたらいいなと思っています。
2035年なんてまだまだ、、と思ってると、あんがいすぐにやってくるんですよーー。

2018年12月01日

鼻といえば

鼻の、イチゴ鼻で悩んでる人ってめちゃくちゃ多くて私もそのひとりです。
イチゴはなっていうほどひどくないけど、肌は綺麗なほうなので気になっている、
ってくらいです、でも綺麗になりたいのは皆と同じ。

いろいろとたどっていくと、鼻といえばxxx、ってくらい、
鼻のことで各党している人のブログにいきつきました。
その人も何年も悩んでいますが、綺麗になった感じはないので、、
やっぱり無理なのかなー。
少しでも綺麗になりたいし、いや、これ以上悩みたなくない、が正直なところ。
だって、なんだか悪化の一途をたどっているようで、、、だいたい皆同じようですな。

皮膚科にいってもエステにいってもダメみたい、でも火曜、、、って言う人が多いです。
どうしようもないものなんだろうなー、皆がそうならいっか、、ってなれたら楽ですね。

私だって諦めてません、エステの人も「こんなんまだぜんぜんいい方ですよー」だったっけ、でも本人が気にしてるんだからしかたないよね。¥気にならなくなるようにしたらいいんだけど、、、はぁ、、、。

2018年11月01日

相手のミス

よくルールは知らないのですが、テニスを見てると、相手のミスで自分に得点がはいりますね。
なんだかなー、って思います。
ルールは変わるので今は知らないのですが、例えばバレーボールではサーブ権の有る方が決めるとやっと点が入ります。
相手にサーブ権があってアタックが決まったとしてもそれはこちらにサーブ権が変わるだけ。
これで慣れているせいか、相手のミスで「やった!」って有償した瞬間のテニスがなんだかださく見えるのです。
テニスファンの方、ごめんなさい。

そしてもっと分からないのが、テニスのサーブでネットにひっかっかった時。
あれは誰の点数にもならないんですね。
何回もやるとなるみたいですが。。。
そこもよく分からず見ています。
見るな??・・・そうなんです、本当は見たくないんですけどね、家族が見てるのでつい。

そこに錦織圭君が出ても興味ないのに笑・・・・見てはこうして分からない事をブログでなげかけております。
家族に聞けばいいのに・・・爆笑
相手のミスで点数が入るスポーツは他にもあるのでしょうけど、
これほどよく分からないスポーツはありません。
よって誰が買ってもあまり感動しない。
本当にすみません。

もっと面白いものなら見るのかもですが、見てて面白いスポーツって思い浮かばないのです。

2018年10月01日

ノーベル食事

ノーベル賞の受賞が行われるストックホルムに行くことになりました。
食事とかホテルとか、なんでも物価が高くて有名なのですが、そこを除けば楽しみです。
なんでもどこでもそうか、。。

何が楽しみかって、見どころが満載。
そして自然がいっぱい。
寒そうなのが玉に傷ですかね。
たくさん着ていくのと、お酒でも飲んで温まっていることにします。

ノーベル博物館というのがあって、そこではノーベル賞受賞式で出される食事と同じものが食べられるとか。
だからってそれが美味しいかどうかは知らないけど、とにかく食べる事ができるらしい。

他にも、景色を売りにしてるレストランなど、、、景色重視みたい。
なんたってそれを楽しみにしてるし、外は寒いからそういう素敵なところから眺めるなんてのもいいですがね。
問題はお値段か。。
ニシンが有名みたいですね、スウェーデン全体でそうなのかな。

いろいろな、スウェーデン在住の人や観光客の口コミがあるんですけど、
なんだか一貫してない、、結局どこがいいんだろう?

一貫してるとしたら(?)代表的な食べものはミートボール、
そのミートボールにはジャムをつけて食べるらしい、うげーーー!なんか美味しくなさそーー。
デモ代表的な者なら、、、食べてみないと、、、ってかーー?

2018年09月01日

ニッポン?orジャパン?

どうして日本のことをジャパンっていうの?って質問がありました。
うーん、、、それは、、、どうなんだろう。

簡単な答えは、日本の典型的な名前は日本ですが、
他の言語では他の名前があります。

「日本」という名前は、通常「Cipan」と表記されていた中国のマンダリンまたは呉の名前に由来すると思われるわけです。
ヨーロッパの探検家は、日本と比べて中国と交流する傾向が強くて、
地理的にもその名前を使用していました。
時間の経過とともに、 "Cipan"は "ヨーロッパ"諸国で使われている "日本"に変形しています。

マンダリンの名前がどこから来たのかは言うのが難しいですねー。
隣人が自分のために持っているよりも国や人に異なる名前を付けるのは、とても一般的です。
特殊なケースでは、中国で使用されていた名前が、
日本で使用されていたものよりも広く普及しました。

マンダリンからきてるので、そういうことは私に聞くのではなくて
中国人に聞いてくださーい笑
難しい事はわかりませーん。

2018年08月01日

通訳という仕事

通訳という仕事は、言葉を知っていたら出来るというものではないです。
日本人だから日本の説明がなんでも出来るとは限らない、
これと理屈は同じですね、国の背景や、ときにはスラングなんかも知らないといけない。

映画「インタープリター」を見ました。
ニコール・キッドマンが出てる映画です。

最初はサッカー場で子供に大人の男性2日知が殺されるシーンから始まるんだけど、
次に、大きな建物と行きかう車。上からのなめるような映像に、聞きなれない
言葉が飛び交うシーンになります。

国連会議室です。

『民主主義』『主権国家』『一国が世界の平和を脅かす』
会議場を見下ろすように、通訳ブーズが並んでいて、あれもセットなのか本当なのか、、ってところ。

言語はいろいろと変わり、ゆっくりと丁寧な口調の英語になったとき、ブースのなかで金髪に
ヘッドフォン姿のシルビア(ニコール・キッドマン)の口の動きと同調していくんです、

でましたーー、インタープリター(通訳)!!

格好いい。

さて通訳という仕事ですが、ニコール・キッドマンのように格好いいものではないらしく、
事前調査もたくさんあってかなり大変、まーお給料もいいでしょうし、
仕方ないのですが。

常に言語の世界にいるので疲れるらしいです、だって世の中は言語で出来てますもんね。

あなたは通訳者になってみたいですか??

2018年07月01日

それはないでしょ。

アメリカの航空会社でまたも(?)ありました。
乗客がペットの犬を連れていて(ここもどうかと思うが)、
それを頭上のロッカーに(スーツケースのまま)入れろと言ったとかです。

えーー?って思うけど、飛行機が目的地についた時には犬は死んでいたとか・
酸素付属だったのでは、ということですが、
生きてるものをあの上のロッカーに押し込めるなんて。。。。そもそもここが可哀想。

キャビンアテンダントは、犬がスーツケースに入っていたのは知らなかったとしていますけど、
乗り合わせた乗客は
「あのお客はペットが入っていることを言っていた。
そのうえでロッカーに入れろと指示していた」
と証言しています。

どちらにしても、ペットはもう行きカエラらないのです、かわいそうに。。

しっかし、、、いろいろな事がありますね。
以前も孔雀(だったと思う)を機内に持ち込もうとして怒られた、とかありました。
(どうなったのか記憶がありません)

生きたものを運ぶのって大変ですよね、国内移動とはいえ、
飛行機に乗せるのにはルールがあると思います。

怖いですね、ペットは機内に持ち込むのはやめましょう。

2018年06月01日

旅支度

どこかに旅行へ行くとなったら、行き先とか、飛行機の便名とかを
信用のおかえる人にメールしておきます。
もし飛行機落ちて死んだら・・とか考えてしまうから。
なにごともなく無事に帰りたいですけど、なにがあるか分からないもんね。

いつもは「分かったー!いってらっしゃーい」って来るのに、
先日は「この便、、大丈夫?」でした。

経由する国が危ない、って、、笑
でもね、空港だけですから。
その国に入って観光とかしない、でも不安にさせてしまったらしい。
心配してくれるなんて優しいでしょ?

もちろん空港といえど気を引き締めています。
空港こそ危ない場合だってあるしね。

数時間そこで過ごしてまた飛行機に乗ったら安心かって、、、、いえいえ、
”落ちるかもしれないじゃん!!”
なので、いつでも気を引き締めている、、、つもり。

飛行機だけじゃないですよね、日本の新幹線だって、普通の電車だって時々大きな事故があります。
いつ自分がまきこまれるかなんてわからないのだ。

だから、とにかく行き先などは告げておいて、対処できるように。
対処って何??って感じですが。。
死んだって(!)ことが最低限すぐに分かるようにしておきたいのです。

大事でしょ?

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.38